住宅ローンが払えない、この先どうしたら…

住宅ローンが払えなくなったら… マイホームはどうなってしまうの?

住宅ローンなど返済が困難になってしまったら、2〜3か月間くらいで督促状が届くようになります。
さらに滞納が続くと、催告書という書類が、住宅金融支援機構などの債権者から届きます。
催告書には住宅ローンを一括返済するように書いてあります。

 

マイホームが差押えられて競売に

催告書が届いて何の対応もしないでいると、
裁判所から強制的に不動産が差し押さえられ、数ヶ月〜半年で競売になってしまい、
最終的には今の家に住むことが出来なくなります。

競売では多額の残債が残ってしまう場合がほとんど

競売になってしまうと、マイホームは市場価格よりずっと安い金額で強制的に売却されてしまいます。

 

競売になると、
 ●近所の人にも知られてしまう
 ●かなり安い価格でしか売却できない
 ●住宅ローンの一括返済どころか、多額の残債が残る
そんな状況になってしまいます。

 

マイホームを失った上に、多額の残債を返済していくという最悪の状況だけは
何としても避けないといけません。

最悪の状況に陥らないためにはどうしたら…

競売という最悪の状況を避けるための最善の方法が任意売却です。

 

任意売却だと、
 ●近所の人に知られることがない
 ●市場価格に近い価格で売却できる
 ●残債が残った場合でも、返済方法については交渉できる可能性が大きい
というメリットがあります。

 

住宅ローンを滞納しているのでしたら、
まずは任意売却のことを正しく知って、その後の対処を考えていきましょう。